被害が起きる前に現れる前兆とは

地震の対策NET

地震には予兆がある

現在は、地震予報と呼ばれるサービスが提供されています。天災である地震を予測できるのか疑わしいという方もいますが、地震にはいくつかの予兆が確認されていることはご存知でしょうか。この予兆を元に警戒情報を発しているのが地震予報です。

予兆を知って地震を防ぐ

地割れ

地震はいくつかの要因によって予測することが出来ます

地震予報のサービスはどういった方法で予報を出しているのか、疑問に思う方もいるでしょう。実は地震は、いくつかの前兆によって発生が予測できると考えられ、各分野ごとで日夜研究が進められています。

地震の数週間前から生じる電波の違和感

地震が発生する2週間ほど前になると、電波の流れにいつもと違う動きが見られるようになります。普段受信できない場所の電波が受信できるようになったり、電波の乱れが生じると、地震が発生する可能性が高いと判断できるのです。

空にかかる地震の前兆、地震雲

地震雲という雲をご存知でしょうか。こちらは地震が起こる前触れとして知られている特殊な形の雲で、飛行機雲のような細長い雲や鱗のように細かく並んだ雲を指します。地震雲は科学的根拠が証明されていませんが、大地震の直前にはこの地震雲の目撃情報が多く寄せられるのです。

常に監視されている地震活動

日本各地では、地震の発生に備えて常日頃から地震活動の監視が行われています。地震活動が活発化すると大きな揺れが発生する可能性が高いと言われており、この監視によっていち早く警報や速報を出す仕組みになっているのです。

浜辺に打ち上げられる

確実な因果関係は証明されていませんが、浜辺で大量に魚やクジラが打ち上げられるのは、地震の前兆だと言われています。詳しい理由は判明していないものの、動物の危機察知能力には未解明な点が多いため因果関係が研究されています。

広告募集中