地震が発生した際に被害を抑えるには

地震の対策NET

対策をしっかりと

地球

落下物に当たるのを防ぐ

地震が発生した際に恐ろしいのは落下物です。室内では家具が、屋外では屋根瓦等が落下してくる可能性があるので、場所にあった対策を行いましょう。まず室内の場合は、丈夫な机の下などにもぐって落下物を防いでください。屋外の場合、電柱や背の高い建物からできるだけ離れるようにしましょう。

火元をきちんと確認する

地震発生時に火を扱っていると、倒れてきたものや家屋に引火して大火事になってしまいます。そのため、最初の揺れが収まった段階で余裕があれば、火を消すようにしてください。また、避難時にガスの元栓を閉め忘れて火事になってしまうこともあるので、揺れが収まって避難する際にはガスを必ず確認しましょう。

液状化対策工事で安心

地盤によって発生してしまう液状化現象ですが、こちらは対策工事を施しておけば被害を大幅に抑えることが出来ます。地盤改良によって液状化を防いだり、住宅から杭を打ち込むことで揺れの被害を抑えることが出来るでしょう。

できるだけ早く避難することが重要

津波による被害を最小限に抑えるためには、できるだけ早く高台へと避難することが大切です。地震の発生から津波の到着までには数分から数十分ほどの猶予があります。その間にできるだけ高くて丈夫な建物か、高台に避難するようにしましょう。

地震に備えてあると嬉しいもの・サービスランキング

no.1

長期保存が可能な水

様々な用途で使用可能な水は、避難生活において1~2を争うほど重要になります。飲料水としての利用はもちろんのこと、洗濯やお風呂、トイレの際に利用するなど様々な場面で水が必要となるのです。

no.2

避難生活に必要な非常食

水と同じくらい重要となるのが食料です。地震発生時には食糧不足が予測でき、国や自治体による配給がはじまるまでには時間がかかることも少なくありません。そんな緊急時に空腹になってしまわないためにも、予め食糧を備蓄しておくと良いでしょう。

no.3

貴重な情報源となる携帯ラジオ

地震発生時にはどうやって情報収集するのかも重要となります。スマホで情報収集すればいいと考える方もいますが、スマホは連絡手段としても機能するので無駄な電力は使用したくありません。そこで、スマホとは別に情報を得られる手段として携帯ラジオが役に立つのです。

no.4

夜でも安心懐中電灯

避難生活中には、屋外で夜を明かすことも少なくありません。そんな時に必要となるのが懐中電灯です。地震の時には停電によって、街灯なども消えている可能性が高いです。避難所を除いた場所は真っ暗になってしまうことを想定して、灯りを自前で用意しておきましょう。

no.5

予め警戒できる地震予報

地震を予測して天気予報のように予報を配信するサービスがあります。こちらを利用すれば、発生するかもしれない地震に対して心構えを持っておくことが出来るでしょう。100%地震を的中させるサービスではありませんが、年々精度は向上しており、細々とした地震から大地震まで様々な地震の警戒情報を発しているのです。

広告募集中