揺れの前兆となる雲を見つけたら

地震の対策NET

特徴的な雲に注意

地震の前兆と言われる地震雲には、幾つかの種類が挙げられます。地震予報で注意喚起のあった時期に特徴的な雲を発見したら、地震雲かどうかの確認を行いましょう。

空模様で判断する

グラフ

細長く、どこまでも続く雲に注意

飛行機雲より太く長く、時間経過で消えない雲は帯状形の地震雲の可能性があります。こちらの雲が現れた際には地震の発生率が高いと言われているので、もし見つけた際には警戒しておきましょう。

判断がしづらい地震雲

うろこ雲のように、細い骨のような雲が断続的に繰り返されている場合、肋骨状形地震雲の可能性があります。前述したうろこ雲との判断が難しいため何も起きない可能性もありますが、肋骨状形地震雲だった場合の地震発生率は比較的高いと言われています。

青空と雲の境目がハッキリ見えたら

砂浜と海のように、青空と雲の場所がハッキリと分かれている断層形地震雲も、地震の前兆だと言われています。こちらは近年に目撃報告が増えた雲ですが、他の雲と比べると一目瞭然なほど特徴的な雲となっているので、目撃した際には地震情報を確認しましょう。

さざ波のような雲が空を覆ったら

さざ波のようにストライプ状の雲が空一面を覆ったら、それは波紋形の地震雲かもしれません。特徴的な雲ではありますが、地震の発生率はあまり高くないと言われているので多少気をつける程度に留めておきましょう。

必ずしも地震が起きるわけではない

地震前に確認される地震雲について幾つか紹介しましたが、重要なことは「現れたら必ず地震が起こるものではない」ということです。科学的な根拠があるかどうかは現在も研究中なので、過度に怯えてストレスを感じないようにしましょう。

広告募集中